WEST MiRa(1,739 Byte)
Memo(719 Byte)
DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】

■ 今年の双子座 05年01月15日

気まぐれな今年の運勢です。
数日中に蟹座まで進める予定です。

第三弾は、今年の双子座の運勢です。


「夢を目指して頑張ってる人」と言う言葉には何だか良い響きがありますね。 それが叶うかどうかは別にして、何か目標があってそれに夢中になっている人には憧れてしまうものでしょう。

特に、やりたい事がない人や夢を持っていない人、そう言う自分に疑問を感じてる人、 もっとポジティブに生きるのが正しいのではないかと思ってる人、 そう言う人にとっては一つの事に夢中になっている人は羨望の的です。

だからと言って夢を持ちたいと言うのとは、少し違うでしょうね。 今の世の中、そんなに努力しなくとも生きていけます。 それなりに働いて、それなりの生活で妥協して生活していれば、衣食住を手に入れて生きていく事が出来ます。


働いて、食べて、寝て、たまに遊んで。 そう言う生活を繰り返していると、ふと空しくなる事があるのかも知れません。 自分は何のために生きているのか、生きている事に意味があるのか。 こんなにぼんやりと時を過ごしていいのか。 必死になれない自分は何か足りないのではないか。

そうやって不安になる事があります。 そんな時、人は夢を持ってる人や必死で生きている人をうらやましく思います。

でも、それは出発点が違うのではないでしょうか。 必死になって生きている人達は、必死になりたくて必死になっているのではないでしょう。 自分の目標の為には、必死になるしかないのです。 だから死に物狂いになるのでしょう。

そんな風にならずに住んでいるのは、必死になる生活を拒否しているからです。


例えば「宇宙飛行士になりたい」と思ったとしましょう。 本気でそう思ったら、それはそれは大変な努力が必要でしょう。 努力だけでは足りないかも知れません。 それほどの覚悟と時間とお金を要求されます。

そこまでしても、宇宙飛行士になれるかどうかはわかりません。 わからないから、ほとんどの人は諦めます。 成功する見込みが薄い賭けから降りるのは当然の事です。

けれど、そうやって色々な賭から降りてる内に、逃げ癖がついてしまう事もあるのではないでしょうか。


先見性と言うのは素晴らしい能力です。 正確に先を予測し、危険を回避する判断力を与えてくれます。 でも、それは同時に冒険する勇気も奪います。

失敗するとわかっている事に挑戦するのは馬鹿馬鹿しい事です。 だから成功する可能性より失敗する可能性が高いとわかった時には、 簡単に土俵から降りてしまいます。

それはとてもとても正しい事です。 リスクを避けるのは生物として当然です。 だけど、リスクを避け続けている間に、リスクでない事からも逃げてしまうようになるのではないでしょうか?
安全な道を選び続けてる間に、 ほんのちょっとした面倒や厄介からも逃げてしまうようになってしまうのではないでしょうか。

人は生きている限り、面倒から逃れられません。 生きている、それだけで面倒な事は発生し続けます。 どんなに避けて進んでいっても、完全に全ての面倒から逃げられる訳ではありません。

では面倒な事から逃れられなかった時に、どうするでしょうか。 今まで逃れ続けてきた人は、避け方はうまくなっているでしょうね。 でも面倒に対する対処法は劣化してしまっているかも知れません。 かつては出来ていた事が、出来なくなっているかも知れません。


今年、貴方はそうした岐路に立たされます。 貴方はとても頭の回転が速い人です。 周りの雰囲気を察知するのも大変得意でしょう。

そんな貴方ですから、人一倍アンテナが敏感です。 少しでも危険や面倒を察知したら、鮮やかに身を引いてきたでしょう。

しかし、今年はそうはいきません。 どうするか決める必要が出てきますよ。 このまま一生逃げ続けるか、一勝負打って出てみるか。 貴方の判断力が求められます。

人生は博打とはよく言ったものです。 伸るか反るか、それは貴方次第です。 貴方の人生を楽しんで下さいね。


さて、こうした事は他の面でも影響があります。 金運では堅実な運用を行おうとするでしょう。 無駄遣いを控え、コツコツとお金を貯めます。 でもそれを公言しないでしょうね。 一人で地道に貯めていきそうです。

ただ、計画性がありません。 貯めようと思い立って貯めはじめるのはいいのですが、無計画になりそうです。 その為に500円玉貯金を始めたり、それに飽きたら定期貯金を始めたりと、 あまり効率よく貯める事が出来ないでしょう。

本気でお金を貯めようと思ったならば、一つの貯蓄法にこだわる事です。 途中でコロコロと変えたり、よく知らない事に手を出すのは辞めましょう。

ここでは貴方の先見性を思う存分、生かしてください。 何よりも確かなのは堅実性がある計画です。 美味しい話しには裏がある、簡単な金儲けは存在しない、それを肝に銘じましょう。


対人関係はあまり芳しくありません。 人と深く関わる事を避けようとしてしまいます。

その場の雰囲気が悪くなったり、揉める事は嫌うので愛想はとても良いでしょう。 しかし、それはあくまで営業用の愛想の良さです。 愛想の良さに釣られて好意を示されたり、近づいてこられると困ってしまうでしょう。

気持ちよく過ごせるように最低限のマナーと愛想は欠かさない貴方ですが、 それ以上を望んでいる訳ではないからです。 リップサービスを本気に取られると困る、面倒だと感じてしまうかも知れません。

相手にもそう言う気持ちは伝わって、好意を示していた分だけ不快感を与えてしまうかも知れません。 それでは対人関係がうまくいくはずがありません。 親しくなるつもりがないのであれば、必要以上の愛想は振る舞わないようにしましょう。

貴方がどんなつもりであれ、それを口にしなければ相手には伝わりません。 貴方はとても察しの良い人ですから、相手が自分を好いているか嫌っているか察知するのは得意でしょう。 けれど世の中の人全てがそんなに察しが良い訳ではありません。 好意を示されれば、当然そのまま受け取る人もたくさんいます。 無用な争いを避けるためには、お愛想もほどほどにした方が良いでしょうね。


そうやって対人関係において一定のシャットダウンを行う貴方ですが、 自分が身内と認めた人には過剰に好意を示します。 ベタベタと甘えてしまったり、あれこれ我が侭を言ったり、 外向けの貴方の顔しか知らない人にとっては、その変わり様は驚くほどでしょう。

内と外での顔がまるっきり変わってしまいます。 親しくない人には礼儀を持って接する、親しい人には本音で接すると言う事なのでしょうが、 それが極端になりそうです。

これは家族だけでなく、恋愛関係に置いてもそうでしょうね。 表向きはサッパリしているように見えるのに、自分の真情を吐露できると認めた相手にはとことん尽くします。 そして尽くす事を要求します。 相手に対する束縛も強まり、強要する事もあるかも知れません。

そして、それがとても気まぐれに起こります。 束縛したい時には思いきり束縛し、興味がない時には完全に放ったらかし。 甘えたい時には思いきり甘え、忙しい時には完全に冷淡。

そんな風に気の向くままの自分を見せてしまいそうです。


これは、貴方の対人関係が大きく影響しています。 外で「良い人」を演じるストレスが、内で出ているのでしょうね。 完璧に「良い人」を演じている分、親しい人には甘えてしまうのでしょう。

でも、それにも限度が必要です。 貴方がそうやって外での内でのバランスを取っているように、 貴方の内の人にもどこかでバランスを取る必要があります。

お互いがお互いを支え合う関係を忘れないで下さいね。 親しき仲にも礼儀ありです。 相手に対する気遣いを忘れた関係では、いつか破綻してしまいます。

たまには外で自分の心情を吐露し、内で相手を労るようにしましょう。 そうやってもっと人間関係を広げて下さい。 せっかく交友関係の才覚を持っているのですから、狭い部分で発揮するのではなく、 もっと多くの人と知り合い広めていきましょう。


仕事に置いてはチャンスが舞い込んできます。 転職や昇進、独立、異なる分野への進出など、ちょっとした冒険の機会があるでしょう。

その機会をどう生かすかによって貴方の今後は大きく変わります。 引き受けると貴方の環境は様変わりし、忙しくなってくるでしょう。 それは大きな刺激となって影響を与えます。

断ったとしても高揚した気分は残るでしょう。 何となく塞いでいたり、つまらない気持ちが続いていた貴方にとって、 立ち直る良いキッカケとなりそうです。


健康運は良い方向に向かいそうです。 健康のために運動を始めるのも適しているようです。 できるだけ汗をかくようにしましょう。 また、現在、健康を損ねている方は回復に向かったり良い治療法が見つかりそうです。


時期的な面では年明けから初夏までは下降気味でダラダラした運気が続きます。 その後、6月頃に急上昇するでしょう。 ただ、本当に急上昇するので勢いがつきすぎてしまうかも知れません。 何もかも過剰になりがちなので注意しましょう。 それを上手くコントロールできれば良いのですが。

そう言う意味では、過剰なエネルギーが続く7月に注意が必要です。 その後、緩やかに落ち着きはじめますが、落ち着く直前の11月も注意しましょう。 12月には完全に落ち着きを取り戻し、再度上昇するでしょう。






 



バナー、リンクについて  ,   利用規約  ,   ヘルプ

Copyright (C) 1998-2007 WEST MiRa. All rights reserved.