WEST MiRa(1,739 Byte)
Spread(910 Byte)
ニッセン

■ スプレッド集 - 恋愛ピラミッド



スプレッド名 恋愛 恋愛ピラミッド
登録者 WEST MiRa 登録日付 2004-11-20 05:13:45
カード
1枚目:貴方の過去
2枚目:お相手の過去
3枚目:お二人の過去
4枚目:貴方の現在
5枚目:お相手の現在
6枚目:お二人の現在
7枚目:貴方の未来
8枚目:お相手の未来
9枚目:お二人の未来
10枚目:貴方の対策or障害
11枚目:お相手の対策or障害
12枚目:最終結果
解説
1枚目は質問者の過去の心境や状況、姿勢を見る。
2枚目は相手の過去の心境や状況、姿勢を見る。
3枚目は二人の過去の関係や状況、絆を見る。
4枚目は質問者の現在の心境や状況、姿勢を見る。
5枚目は相手の現在の心境や状況、姿勢を見る。
6枚目は二人の現在の関係や状況、絆を見る。
7枚目は質問者の未来の心境や状況、姿勢を見る。
8枚目は相手の未来の心境や状況、姿勢を見る。
9枚目は二人の未来の関係や状況、絆を見る。
10枚目は二人の関係に対する障害や対策、気を付けるべき点を見る。
11枚目は二人の関係に対する障害や対策、気を付けるべき点を見る。
12枚目は現状から見た二人の最終的な関係を象徴するカード。

オリジナルスプレッドです。
このスプレッドも、相性占いと同じように特定人物との関係を占うスプレッドです。好きな人との関係だけでなく、友人や上司などとの関係を見る事にも適用できます。

相性占いとの違いは、時間軸を中心に見ている点です。
過去から現在、そして未来にかけてどのように気持ちに変化が生じるのか、どのように関係が移行していくのか、そうした時間の推移と共に生じる変化を中心に見るスプレッドです。

でも枚数が多いので、ちょっとリーディングが大変かも知れません。スプレッドを見ますと、過去、現在、未来はそれぞれ3枚ずつあります。

これはまず、1、2、3で1つのグループ(以下、過去+)、4、5、6で1つのグループ(以下、現在+)、7、8、9で1つのグループ(以下、未来+)で読みます。次に1、4、7で1つのグループ(以下、自分+)、2、5、8で1つのグループ(相手+)、3、6、9で1つのグループ(全体+)として読みます。

過去+では昔の自分の気持ちや状況、相手の気持ちや状況、そして二人の関係を読みます。ここには現在に繋がる問題の原因が内包されている事もあります。

例えば過去+内で1と2のカードは良さそうなのに3が悪そうに見えた場合は、表面に問題は出てこなかったけれど、その時既に原因は発芽していたと読めます。

同じく1と3は良さそうなのに2が悪そうに見えた場合は、自分が知らない間に相手が何らかの問題を抱え始めていた、2と3は良さそうなのに1が悪そうに見えた場合は、相手が知らない間に自分の中で何らかの問題を抱え始めていた、と言うように読めます。

これは現在+や未来+にも共通して言える読み方です。各グループ内で齟齬を来しているカードがある場合、そこに問題を把握する為の鍵が隠れているかも知れません。

自分+や相手+は、時間の推移と共にどのような変化が生じたのかを読んでいきます。ここでは全体+がそれぞれの変化を象徴しているとも読めます。

それが終わったら10の障害と11の対策を含めて、どのように問題を解決すればいいのか、具体的な方針を読みます。

最後に12の最後のカードは、結論とも言えますし総括とも言えます。ここのカードを重視するよりも、その他のカードの兼ね合いを計りながら、何を告げているのか読んでいきます。






 



バナー、リンクについて  ,   利用規約  ,   ヘルプ

Copyright (C) 1998-2007 WEST MiRa. All rights reserved.