WEST MiRa(1,739 Byte)
JavaScript(1,601 Byte)
jbZ

■ JavaScript - サンプル集(257種類) - 画像
   - 日付によって変わる壁紙

設定した日付の場合、指定した壁紙が表示されるスクリプトです。
例えばお正月にはお正月用壁紙を表示させる、クリスマスにはクリスマス壁紙を表示させる、 と言った使い道があります。

サンプルでは1月1日、3月3日、5月5日、12月25日の場合は壁紙が変わるように設定しています。
マシンの日付を色々と変更して確認してみてください。

サンプルを見る
ソースを保存する
(右クリック→「対象をファイルに保存」or「リンクを名前を付けて保存」して下さい。)
ソースを見る
解説を見る





[ ソース ]

<html>
<head>
	<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
</head>

<script language="JavaScript">
<!--//Copyright (C) WEST MiRa http://www.west-mira.jp

	MyMon=new Array();
	MyDay=new Array();
	MyData=new Array();

	//データ1を表示したい月を指定する
	MyMon[0]=1;
	//データ1を表示したい日を指定する
	MyDay[0]=1;
	//データ1の壁紙を指定する
	MyData[0]='0.gif';


	//データ2を表示したい月を指定する
	MyMon[1]=3;
	//データ2を表示したい日を指定する
	MyDay[1]=3;
	//データ2の壁紙を指定する
	MyData[1]='1.gif';


	//データ3を表示したい月を指定する
	MyMon[2]=5;
	//データ3を表示したい日を指定する
	MyDay[2]=5;
	//データ3の壁紙を指定する
	MyData[2]='2.gif';


	//データ4を表示したい月を指定する
	MyMon[3]=12;
	//データ4を表示したい日を指定する
	MyDay[3]=25;
	//データ4の壁紙を指定する
	MyData[3]='3.gif';


	//デフォルトの壁紙を指定する
	Defaultdata='4.gif';

	hiduke=new Date();
	tuki=hiduke.getMonth()+1;
	kyou=hiduke.getDate();
	for(i=0; i < MyMon.length; i++)
		if(MyMon[i] == tuki && MyDay[i] == kyou)
		{
		document.write('<body background="'+MyData[i]+'">');
		break;
		}
	if(i >= MyMon.length)
		document.write('<body background="'+Defaultdata+'">');

//-->
</script>

<noscript>
<!-- JavaScript非対応ブラウザ用の壁紙を指定する -->
	<body background="5.gif">
</noscript>

</body></html>


[ 解説 ]

まず、期日とデータを設定します。

設定するデータは、
壁紙を変更する月
壁紙を変更する日
壁紙URL
の3つで成り立っています。

サンプルデータを見てみましょう。

MyMon[0]=1;
MyDay[0]=1;
MyData[0]='0.gif';

まず1行目の「MyMon[0]=1;」で壁紙を変更する月の「1」を指定しています。
次に2行目の「MyDay[0]=1;」で壁紙を変更する日の「2」を指定しています。
最後に3行目の「MyData[0]='0.gif';」で壁紙URLを指定しています。

同じ書式に従って、データは書き替えてください。
必ず月、日、壁紙URLの3つを書き替えて下さい。

もしデータを減らしたい場合は、データを1つ分(すなわち3行)をまとめて消去します。

例えばサンプルからデータを1つ削除する場合は、以下のようになります。

変更前変更後
MyMon[0]=1;
MyDay[0]=1;
MyData[0]='0.gif';

MyMon[1]=3;
MyDay[1]=3;
MyData[1]='1.gif';

MyMon[2]=5;
MyDay[2]=5;
MyData[2]='2.gif';

MyMon[3]=12;
MyDay[3]=25;
MyData[3]='3.gif';

MyMon[0]=1;
MyDay[0]=1;
MyData[0]='0.gif';

MyMon[1]=3;
MyDay[1]=3;
MyData[1]='1.gif';

MyMon[2]=5;
MyDay[2]=5;
MyData[2]='2.gif';


反対に、データを増やす場合は削除する場合と逆でデータを増やしていきます。

ただし、この時注意点が1つあります。

データの先頭部分を見てみますと、数値部分がありますね。
各データのまとまりは、全て同じ数値が入っています。
そして次のデータになると、数値が1つ繰り上がっています。
それと同じ要領で、必ず数値部分を1つずつ増やしていく必要があります。

例えばサンプルにデータを1つ追加すると、以下のようになります。

変更前変更後
MyMon[0]=1;
MyDay[0]=1;
MyData[0]='0.gif';

MyMon[1]=3;
MyDay[1]=3;
MyData[1]='1.gif';

MyMon[2]=5;
MyDay[2]=5;
MyData[2]='2.gif';

MyMon[3]=12;
MyDay[3]=25;
MyData[3]='3.gif';

MyMon[0]=1;
MyDay[0]=1;
MyData[0]='0.gif';

MyMon[1]=3;
MyDay[1]=3;
MyData[1]='1.gif';

MyMon[2]=5;
MyDay[2]=5;
MyData[2]='2.gif';

MyMon[3]=12;
MyDay[3]=25;
MyData[3]='3.gif';

MyMon[4]=10;
MyDay[4]=1;
MyData[4]='4.gif';

次に、指定日以外の通常時に表示する壁紙を指定します。

「Defaultdata='4.gif';」に 通常時に表示させたい壁紙URLを指定してください。

最後に、JavaScriptが無効の人用に壁紙を設定します。

<body background="5.gif">
部分を変更してください。


また、各壁紙以外のボディ属性は、お好きなようにカスタマイズしてください。

指定日の日のボディ属性は、下から13行目にある
document.write('<body background="'+MyData[i]+'">');
部分を変更します。

指定日以外のボディ属性は、下から9行目にある
document.write('<body background="'+Defaultdata+'">');
を変更します。


document.write('<body background="'+MyData[i]+'" text="#000000" vlink="#ff000000" alink="#ffffff">');

JavaScriptがオフの場合のボディ属性は、一番下にあるボディタグを普通に書き替えて下さい。

スクリプト内の変更出来る箇所は注釈を付けておりますので、変更方法などはそちらをご参照下さい。


バナー、リンクについて  ,   利用規約  ,   ヘルプ

Copyright (C) 1998-2007 WEST MiRa. All rights reserved.