WEST MiRa(1,739 Byte)
JavaScript(1,601 Byte)
ZulbgVbsOiZuAhCj

■ JavaScript - サンプル集(257種類) - ブラウザ判別
   - OS判別で振り分け(コンテンツ用)

アクセスしてきた人のOSを判断し、ページを振り分けるスクリプトです。
同じHTMLでも、使用OSによって異なる表示になる事があります。
それを回避する為に、OSごとに別のHTMLを用意しておいたり、 対象外OSには最初にその旨を伝えておく、と言った事に使えます。

サンプルでは、Windowsかそれ以外のOSかで飛ばされるURLが変わります。
Windowsでアクセスすると、そのままJavaScriptのトップへ、 Windows以外でアクセスすると、WEST MiRaのトップへ移動します。

サンプルを見る
ソースを保存する
(右クリック→「対象をファイルに保存」or「リンクを名前を付けて保存」して下さい。)
ソースを見る
解説を見る





[ ソース ]

<html>
<head>
	<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">

<script language="JavaScript">
<!--//Copyright (C) WEST MiRa http://www.west-mira.jp

	function huriwake(my_url)
		{
		a=my_url.indexOf(",",0);
		win_url=my_url.substring(0,a);
		mac_url=my_url.substring(a+1,my_url.length);
		if(navigator.platform.indexOf("Win")==-1)location.href=mac_url;
		else location.href=win_url;
		}

//-->
</script>
</head>

<body>

<a href="JavaScript:huriwake('../../index.html,../../../index.html');">JavaScript</a><br><br>

</body></html>


[ 解説 ]

下から3行目にリンクがあります。 リンクの指定URL部分ですが、各リンクに2つのURLが書いてあります。
例)「../../index.html#JavaScript」と「../../index.html」

これは前者がWindowsの場合にジャンプさせるURL、後者がそれ以外の場合にジャンプさせるURLを指定しています。
このようにリンクにジャンプさせたい2つのURLを書いてしまう事で、後でURLを増やしたり減らす場合に楽になります。

実際に使用される時には、URLを変更しないと使えません。
サンプルでURLが書かれている部分を、実際に使うWindows用URL、それ以外のOS用URLに書き換えます。

この時注意していただきたいのは、2つのURLは「,」で区切られている事です。
これを消してしまったり、別の文字にしてしまうとエラーになります。

リンクを増やす時は、同じ要領でリンクを増やして行ってください。


バナー、リンクについて  ,   利用規約  ,   ヘルプ

Copyright (C) 1998-2007 WEST MiRa. All rights reserved.