WEST MiRa(1,739 Byte)
JavaScript(1,601 Byte)
ZulbgVbsOiZuAhCj

■ JavaScript - サンプル集(257種類) - ランダム
   - ランダムで異なる画像表示

ランダムで異なる画像が表示されるスクリプトです。
5枚の画像の内、どれが表示されるかはわかりません。その時の運次第です。

サンプルを見る
ソースを保存する
(右クリック→「対象をファイルに保存」or「リンクを名前を付けて保存」して下さい。)
ソースを見る
解説を見る





[ ソース ]

<html>
<head>
	<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">

<script language="JavaScript">
<!--//Copyright (C) WEST MiRa http://www.west-mira.jp

	my_pics=new Array();

	//ランダムで表示したい画像を指定する
	my_pics[0]='0.gif';
	my_pics[1]='1.gif';
	my_pics[2]='2.gif';
	my_pics[3]='3.gif';
	my_pics[4]='4.gif';

	function jikan_pic()
		{
		a=Math.floor(Math.random()*my_pics.length);
		document.images["mypic"].src=my_pics[a];
		}

//-->
</script>

</head>

<body onLoad="jikan_pic();">

<img src="" name="mypic" width="50" height="50" border="0" alt="サンプル画像">

 ・
 ・
 ・

</body></html>


[ 解説 ]

まず最初に、表示させたい画像を5枚、そして実際に振り分けを行うHTMLを1つ用意します。
用意する画像は、同じ大きさの画像が良いと思います。横幅や高さなどは、 画像加工ソフトなどで揃えておきましょう。

続いて、ソースをご覧下さい。
ソースの上から6〜10行目が画像URLを記入する場所です。
そこに、実際に表示させたい画像URLをご記入下さい。

もしランダムで表示させる画像が5枚以下の場合は、不要な行を削除してください。
その際、必ず下から削除するようにしてください。

例えば、サンプルでは現在画像が5つ設定されていますが、これを4つに減らしたい場合。
以下のようになります。

変更前変更後
my_pics=new Array();
my_pics[0]='0.gif';
my_pics[1]='1.gif';
my_pics[2]='2.gif';
my_pics[3]='3.gif';
my_pics[4]='4.gif';
my_pics=new Array();
my_pics[0]='0.gif';
my_pics[1]='1.gif';
my_pics[2]='2.gif';
my_pics[3]='3.gif';

また、画像を増やしたい場合は、同じ形式の行を増やして画像URLをご記入下さい。
ただし、その際一つ注意点があります。

画像を設定する行の先頭部分には、数字が着いています。

この数字は、1つずつ繰り上がっていっていますね。
行を増やす場合には、同じように数字を繰り上げていく必要があります。

サンプルでは、現在「4」まで数字が割り振られていますから、 ここから更に1行増やした場合、増やした行の先頭の数字は「5」になります。

では、実際に、どのようになるのか見てみましょう。

サンプルに1つ画像を増やす場合、どうなるのか?
以下のソースをご覧下さい。

変更前変更後
my_pics=new Array();
my_pics[0]='0.gif';
my_pics[1]='1.gif';
my_pics[2]='2.gif';
my_pics[3]='3.gif';
my_pics[4]='4.gif';
my_pics=new Array();
my_pics[0]='0.gif';
my_pics[1]='1.gif';
my_pics[2]='2.gif';
my_pics[3]='3.gif';
my_pics[4]='4.gif';
my_pics[5]='5.gif';

スクリプト内の変更出来る箇所は注釈を付けておりますので、変更方法などはそちらをご参照下さい。

(補足)

ページが読み込まれた時、画像が表示される場所に、壊れた画像ファイルを示すマークが表示されます。
これはタグで、画像指定をしていないからです。

タグにて画像指定を行うと、 「指定された画像読み込み」→「スクリプトで設定した画像読み込み」 の2つの画像を読み込みますから、表示速度が遅くなってしまいます。
その為、あえて画像指定を行っていません。

どうしても気になる方は、ソースの下にあるイメージタグに、ダミー画像のURLを指定してください。
そうすれば、最初にダミー画像が表示されて、その後スクリプトで指定した画像が表示されるようになります。

ダミー画像を指定される時は、出来るだけサイズの小さいものを使用しましょう。
サイズが大きいと読み込みに時間がかかってしまいます。


バナー、リンクについて  ,   利用規約  ,   ヘルプ

Copyright (C) 1998-2007 WEST MiRa. All rights reserved.