WEST MiRa(1,739 Byte)
JavaScript(1,601 Byte)
ZulbgVbsOiZuAhCj

■ JavaScript - サンプル集(257種類) - 文字列
   - フォームに一文字ずつ出てくる文字列

フォーム内に一文字ずつ文字が出てくるスクリプトです
ページが読み込まれると、自動的に動きます。

サンプルを見る
ソースを保存する
(右クリック→「対象をファイルに保存」or「リンクを名前を付けて保存」して下さい。)
ソースを見る
解説を見る





[ ソース ]

<html>
<head>
	<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">

<script language="JavaScript">
<!--//Copyright (C) WEST MiRa http://www.west-mira.jp

	//表示する文字を指定
	ji="一文字ずつ出てくるよんだよ";

	//流れる早さを指定
	hayasa=150;

	a=0;
	basyo=0;
	function ver3()
		{
		len=ji.length+1;
		document.form1.text1.value=ji.substring(0,basyo);
		basyo=(basyo > len)?0:basyo+1;
		clearTimeout(a);
		a=setTimeout('ver3()',hayasa);
		}

//-->
</script>

</head>

<body onLoad="ver3();">

<form name="form1">
<input type="text" name="text1" size="30">
</form>

 ・
 ・
 ・

</body></html>


[ 解説 ]

ボディタグ内に、普通通りHTML要素を付け加えてもOKです。

「一文字ずつ」と書いてある場所に、お好きなメッセージを書いて下さい。

早さを調節する場合は、上から6行目にある「hayasa=150;」の数字を変更して下さい。
数字が小さいほど早く、大きいほど遅くなります。
ですがあまり早くしない方がベターです。
早すぎるとバグります。

下の方にある<form name="form1">〜</form>が文字が流れる場所なので、 配置したい場所に置いて下さい。
フォームサイズを変えたい場合は、「size="30"」の数字を変えて下さい。


バナー、リンクについて  ,   利用規約  ,   ヘルプ

Copyright (C) 1998-2007 WEST MiRa. All rights reserved.