WEST MiRa(1,739 Byte)
JavaScript(1,601 Byte)
DHCICVbv

■ JavaScript - サンプル集(257種類) - 文字列
   - フェードインして出てくる文字列Ver2(時間差で複数行表示)

画面が読み込まれた時に、フェードインして文字が表示されるスクリプトです。
Ver2では、あらかじめ指定した複数行が順番に表示されます。

より効果的に見せるならバックカラーは白か黒が良いでしょう。
2種類のサンプルがありますので、好みに応じてお使い下さい。

サンプルを見る
ソースを保存する
(右クリック→「対象をファイルに保存」or「リンクを名前を付けて保存」して下さい。)
ソースを見る
解説を見る





[ ソース ]

フェードイン(白→黒バージョン)

<html>
<head>
	<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">

<script language="JavaScript">
<!--//Copyright (C) WEST MiRa http://www.west-mira.jp

	moji=new Array();

	//フェードインさせたい文字を指定する
	moji[0]="はじめのはじめのはじめのフェードイン";
	moji[1]="2回目の2回目の2回目のフェードイン";
	moji[2]="最後の最後の最後のフェードイン";

	//フェードインさせたい文字を表示する横位置を指定する
	x_iti=100;
	//フェードインさせたい文字を表示する縦位置を指定する
	y_iti=100;

	//フェードインの早さを指定する
	hayasa=100;

	//次のフェードインに移るまでの秒数を指定する
	hayasa2=3;


	iro="0123456789abcdef";
	j=15;  a=0;  mojis=moji[0];
	function fade2()
		{
		iros2=iro.charAt(j);
		if(document.layers){
		document.layers["lay1"].moveTo(x_iti,y_iti);
		document.layers["lay1"].document.open();
		document.layers["lay1"].document.write('<font style="color:#'+iros2+iros2+iros2+iros2+iros2+iros2+';">'+mojis+'</font>');
		document.layers["lay1"].document.close();
		document.layers["lay1"].visibility='show';  }

		else if((document.getElementById) && (!document.all)){
		document.getElementById("lay1").style.top=x_iti;
		document.getElementById("lay1").style.left=y_iti;
		document.getElementById("lay1").innerHTML='<font style="color:#'+iros2+iros2+iros2+iros2+iros2+iros2+';">'+mojis+'</font>';
		document.getElementById("lay1").style.visibility='visible';  }

		else if(document.all){
		document.all("lay1").style.pixelLeft=x_iti;
		document.all("lay1").style.pixelTop=y_iti;
		document.all("lay1").innerHTML='<font style="color:#'+iros2+iros2+iros2+iros2+iros2+iros2+';">'+mojis+'</font>';
		document.all("lay1").style.visibility='visible';  }
		if(j > 0)j--;
		clearTimeout(a);
		if(j > 0)a=setTimeout('fade2();',hayasa);
		else 
			{
			for(i=0; i<moji.length; i++)if(mojis == moji[i])break;
			if(mojis == moji[i] && i<moji.length-1)
				{ mojis=moji[i+1]; j=15; a=setTimeout('fade2();',hayasa2*1000); }
			}
		}

//-->
</script>

</head>

<body onLoad="fade2();" bgcolor="#ffffff"><br>

<span id="lay1" style="position:absolute;visibility:hidden;"></span>

</body></html>


[ 解説 ]

どちらのバージョンを使用する場合も、変更箇所は同じです。
まず各ソースの上から7〜9行目にある文字列を、お好きなように書き替えてください。

moji[0]="はじめのはじめのはじめのフェードイン";
moji[1]="2回目の2回目の2回目のフェードイン";
moji[2]="最後の最後の最後のフェードイン";

上から順に、1番目に表示される文字列、2番目に表示される文字列、 3番目に表示される文字列、となっています。

もし文字列を減らしたいならば、下から1行ずつ消してください。

例えばサンプルから1つ減らす場合は、以下のようになります。

変更前
moji[0]="はじめのはじめのはじめのフェードイン";
moji[1]="2回目の2回目の2回目のフェードイン";
moji[2]="最後の最後の最後のフェードイン";
変更後
moji[0]="はじめのはじめのはじめのフェードイン";
moji[1]="2回目の2回目の2回目のフェードイン";
反対に増やす場合は、一番下に追加していきます。

ただしこの時、必ず先頭にある数字部分を1つずつ増やしていきます。

サンプルの場合は、一番下の行の先頭の数字は「2」です。
ですからサンプルに1つデータを追加した場合は、追加したデータの先頭の数字は「3」になります。

実際にデータを1つ増やした場合どうなるのか、以下をご覧下さい。

変更前
moji[0]="はじめのはじめのはじめのフェードイン";
moji[1]="2回目の2回目の2回目のフェードイン";
moji[2]="最後の最後の最後のフェードイン";
変更後
moji[0]="はじめのはじめのはじめのフェードイン";
moji[1]="2回目の2回目の2回目のフェードイン";
moji[2]="最後の最後の最後のフェードイン";
moji[4]="追加の追加の追加ののフェードイン";
次に、1つのフェードインが終わって、次のフェードインに入るまでの「間」を設定します。

サンプルでは3秒に設定されていますが、使用する文字数が多い場合はより長めに、 少ないならもっと早くても良いでしょう。

変更する箇所は、上から11行目です。
hayasa=3;
の「3」の数字を変更します。

3秒なら3、1秒なら1、5秒なら5と指定してください。

文字が表示される位置を変更する場合は、上から13行目と14行目を変更します。
xs=19;
ys=20;
と言う部分がありますが、「19」が横位置、「20」が縦位置を表しています。

「19」、「20」の数値を変更すると、表示される位置も変わります。
確認しながら、位置は調節してください。


バナー、リンクについて  ,   利用規約  ,   ヘルプ

Copyright (C) 1998-2007 WEST MiRa. All rights reserved.