WEST MiRa(1,739 Byte)
JavaScript(1,601 Byte)
DHCICVbvuKA[Y

■ JavaScript - 基本操作 - ダイアログの基本
   - 3.文字入力用ダイアログを使用する

文字を入力出来るダイアログを表示します。 ユーザーの名前やパスワードの入力などに用いる事が出来ます。

ソース
<html>
<script language="JavaScript">
<!--

kotae=prompt("貴方のお名前を入力して下さい。","");

if(kotae!="")document.write(kotae+"さん、こんにちは。");
else document.write("こんにちは。");
//-->
</script>
</html>
実行結果
サンプルを見る


prompt(文字列1,文字列2);と言うのが確認用ウィンドゥの書式です。 文字列1、文字列2部分に好きな文字を記述します。 文字列1は表示される文章で、文字列2は入力領域の初期設定になっています。

(追記)
IE5.Xを利用すると、入力された文字とスクリプトで定義した文字を連結した場合、 データの一部が消えてしまいます。 そんな場合は、以下のように分割して書いてください。

<html>
<script language="JavaScript">
<!--

kotae=prompt("貴方のお名前を入力して下さい。","");

if(kotae!="")
{
document.write(kotae);
document.write("さん、こんにちは。");
}
else document.write("こんにちは。");
//-->
</script>
</html>


バナー、リンクについて  ,   利用規約  ,   ヘルプ

Copyright (C) 1998-2007 WEST MiRa. All rights reserved.