WEST MiRa(1,739 Byte)
JavaScript(1,601 Byte)
h~mEsUyPCTCgz

■ JavaScript - 基礎知識 - 反復型プログラム
   - 33.反復型プログラムとは

 反復とは、ある処理を繰り返し行う事です。 一般的には「ループ」と呼ばれます。

 例えば同じ書式の文章を100回書く時に、100回同じ書式の文章を書いていますと、 ソース自体がとても大きく見にくいものになってしまいます。
 そんな時は反復構造を利用しますと、書式を1つ書くだけで同じ処理を行う事が可能となります。

 反復には、基本的に前判断型と後判断型の2タイプがあります。
 前判断型は、まず条件を評価してから命令を実行します。
 後判断型は、まず命令を実行してから条件を評価します。

 プログラムによって前判断型の反復命令が必要な場合、後判断型の反復命令が必要な場合がありますので、 その時の状況に応じて使い分けます。

 反復構造を考える場合、まず

   「どんな処理を繰り返し行うのか」
   「何回繰り返すのか」

 と言った事を考えます。

 反復構造は場合によっては深刻なエラーを引き起こして、 PCがフリーズしてしまう事もありますので、注意して記述するようにして下さい。


バナー、リンクについて  ,   利用規約  ,   ヘルプ

Copyright (C) 1998-2007 WEST MiRa. All rights reserved.