WEST MiRa(1,739 Byte)
JavaScript(1,601 Byte)
DHCICVbv

■ JavaScript - 基礎知識 - 演算子
   - 23.真と偽

 ある条件を満たしている場合を「真」と呼び、 ある条件を満たしていない場合を「偽」と言います。

 それではその条件とは?
 例を挙げて説明しましょう。

   a=1;
   b=0;

   a>b


 aが1であり、 bが0である場合、 abより大きい。 ですから「a>b」の式は成り立ちます。 よってこの条件式は、「真」の値を持ちます。

 反対に

   a=1;
   b=0;

   a<b


 はどうでしょうか?
 aが1であり、 bが0である場合、 abより大きい。 と言う事は「a<b」の式が成り立ちません。 この場合は、「偽」の値を持ちます。

 わかりやすく言えば、書かれている条件式に当てはまっていれば「真」、 当てはまらなければ「偽」です。

JavaScriptでは、真は「true」、偽は「false」で表します。


バナー、リンクについて  ,   利用規約  ,   ヘルプ

Copyright (C) 1998-2007 WEST MiRa. All rights reserved.