WEST MiRa(1,739 Byte)
JavaScript(1,601 Byte)
 iTunes StoreiJapanj

■ JavaScript - 基礎知識 - 演算子
   - 21.単項演算子

 単項演算子とは、演算子と値一つのみである種の演算がなされるものです。

演算子使用例意 味別の書き方
++a++;,++a;aに1を足すa=a+1;
--a--;,--a;aから1引くa=a-1;
--a;aの符号の反転――

 表の一番上を見て下さい。 「++」とはそれ自体で、 「1を足す」と言う性質を持っているのです。

 ここで注意して頂きたいのは、使用例です。
 「a++;」と  「++a;」の二通りがありますね。 これは同じようですが、少し意味が違います。

 例えば、「b=a++;」とあったとします。 「=」が代入の意味を持っている事はお話しましたね。 この場合「a++;」は「1を足す」と言う意味なのですが、 後ろについているため、「bにaを代入した後で、1を足す」が正解です。 反対に「b=++a;」だと、 「a」の前に 「++」がついているので、 「1を足してから、bにaを代入する」事になります。

   a=1;      a=1;
   b=a++;     c=++a;    


 このときbの値、 cの値は幾らでしょうか?
 上の法則乗っ取ると「b=1」、 「c=2」になりますね。

 「--」も 「++」と同じです。 これは少々ややこしいので注意しましょう。

 次に、一番下の「-」です。「符号の反転」とありますね。 そのままなのですが、ここでも注意があります。 符号は反転されますが、a自体の符号は変わらないと言う事です。

   a=1;
   b=-a;
   a=?;


 この時、aは1の値を持っているので、 bの値は1になります。 ですがaの前に「-」がついているので、 実際にはbの値は「-1」になります。

 ではその次、三行目のaの値は?
 答えは「1」です。

 なぜなら、「a=1;」の時に 「-」をつけると 「-a=-1;」になりますが、 a自体の符号が変わる訳ではないからです。 a自体の符号を反転させるには、 「a=-a;」と書く必要があります。
 今回は正数について述べましたが、負数の場合も同じです。


バナー、リンクについて  ,   利用規約  ,   ヘルプ

Copyright (C) 1998-2007 WEST MiRa. All rights reserved.