WEST MiRa(1,739 Byte)
JavaScript(1,601 Byte)
 iTunes StoreiJapanj

■ JavaScript - 基礎知識 - 演算子
   - 20.代入演算子

 代入演算子とは、値を変数に格納する時に使用する演算子の事です。

演算子使用例意 味別の書き方
=a=b;aにbを代入する――
+=a+=b;aにbを足して、aに代入するa=a+b;
-=a-=b;aからbを引いて、aに代入するa=a-b;
*=a*=b;aにbを掛けて、aに代入するa=a*b;
/=a/=b;aをbで割って、aに代入するa=a/b;
%=a%=b;aをbで割った余りを、aに代入するa=a%b;

 表の一番上を見て下さい。 「a=b」とあり、意味は「aにbを代入する」とあります。
 実生活での観念では、 「=」とは「等しい」と言う意味なのですが、 スクリプトでは「代入する」と言う意味を持っています。

 よって、「a=b」は「aとbは同じ」ではなく、 「aにbの値を入れる」と言う事になります。

 次の行の「a+=b;」を見てみましょう。 意味は「aにbを足して、aに代入する」とあります。 少々ややこしいのですが、一番右端の所に別の記述例も載せていますので、それで理解出来るかと思います。 算術演算子を使って書く式を略したもの、とでも思って下さい。



バナー、リンクについて  ,   利用規約  ,   ヘルプ

Copyright (C) 1998-2007 WEST MiRa. All rights reserved.