WEST MiRa(1,739 Byte)
JavaScript(1,601 Byte)
DHCICVbv

■ JavaScript - 基礎知識 - 変数と値
   - 16.変数の有効範囲

 変数にはグローバル変数とローカル変数の2種類が有ります。 関数の外で宣言された変数は、グローバル変数と認識されます。

 関数の内部で宣言された変数は、場合によってグローバル変数になったり、ローカル変数になったりします。 関数で「var」をつけて宣言した場合、Netscape Navigatorならばグローバル変数に、 MicrosoftInternet Explorerならばローカル変数になります。

 両者の差は、その変数の有効範囲にあります。 グローバル変数の場合、一旦宣言しておけば複数の関数で利用可能になります。 ローカル変数の場合、その有効範囲は宣言した関数内部のみとなります。

  <script language="JavaScript">
    var a=1;
    b=2;
    function my_sub()
     {var c=3;
      d=4;}
  </script>

 上記のスクリプトでグローバル変数はどれでしょう?
 答えは、a,bになります。
 また、Netscape Navigatorではcもグローバル変数と認識されます。

 グローバル変数の方が便利に思えますが、場合によってはローカル変数が必要な事もあります。 その時の状況に応じて使い分けてください。


バナー、リンクについて  ,   利用規約  ,   ヘルプ

Copyright (C) 1998-2007 WEST MiRa. All rights reserved.