WEST MiRa(1,739 Byte)
JavaScript(1,601 Byte)
jbZ

■ JavaScript - 基礎知識 - 変数と値
   - 15.変数の宣言、変数の型

 JavaScriptでは厳密な変数の型チェックがありませんので、 変数の宣言も厳しくありません。

 他のプログラミング言語では必ず変数の型宣言が必要ですが、 JavaScriptは不要ですからスクリプトの中にいきなり変数が現れてもエラーになりません。 ですが値の入っていない変数を参照しようとすると、当たり前ですがエラーは起こります。

 変数の宣言を行う場合、varを使用します。

   var a

 とする事で、aと言う名前の変数を宣言しています。

 変数内部には数値でも文字列でも格納できます。 一度数値を入れた変数に、後で文字列を入れる事も可能です。 また数値が入っている変数に文字列を連結すると、自動的に数値は文字列に変換されます。

 ですがローカル変数とグローバル変数と言うものがあり、変数の有効範囲が決まっています。 ですから変数を記述する際には、書く場所に注意してください。 変数は関数を記述する前に必要なものを決めておく、と言う形を取りますが 場合によっては関数内部にないと認識されない事もあります。

 またNetscape NavigatorとMicrosoftInternet Explorerでは、 グローバル変数の有効範囲が違いますのでご注意ください。


バナー、リンクについて  ,   利用規約  ,   ヘルプ

Copyright (C) 1998-2007 WEST MiRa. All rights reserved.