WEST MiRa(1,739 Byte)
JavaScript(1,601 Byte)
DHCICVbv

■ JavaScript - 基礎知識 - 概要
   - 2.JavaScriptはどのような時に使用するのか?

 JavaScriptを使用すると、ユーザーからの要求に応じて処理を振り分けたり、 ランダムに処理を変更、またユーザーの状況を判断して処理を振り分ける事が出来ます。

 例えば使用者に生年月日を入力してもらう場合、JavaScriptを使用すれば、 入力した生年月日が合っているかどうかの確認画面を出す事が出来ます。 また、入力された生年月日が数値かどうか、あり得ない数値かどうかなどの判断を行って、 間違っている場合には次の処理に進まないようにする事もできます。

 また、ユーザーがアクセスして来た時間によって、表示するHTMLや画像、流れる音楽、背景を変えたり、 時間ごとに異なる挨拶文や現在の日付、時刻などの表示、指定日までのカウントダウンなども出来ます。 アニメの作成やディレクトリ型の検索システム、データベースなどの作成も可能です。 現在では、レイヤやCSSと組み合わせてダイナミックHTMLを扱える機能も出てきました。

 JavaScriptを「Javaの簡易版」と間違った認識をしている方も多くいますが、 JavaScriptはJavaScriptとして完成された一つのプログラミング言語ですから、 使用者次第で様々なスクリプトを作成する事が出来ます。


バナー、リンクについて  ,   利用規約  ,   ヘルプ

Copyright (C) 1998-2007 WEST MiRa. All rights reserved.